メニュー

プライベートジムCREDO(クレド)|岩手県北上市|ボディメイク


トレーナー山門へインタビュー

トレーナー 山門へ質問

  • なんでこの仕事(トレーナー)をし始めたのですか?

    もともとは、明けても暮れてもサッカーに打ち込む紛れもないサッカー小僧でした。
    小学校3年生の時にJリーグが開幕し、私もすっかりと世の中のサッカーブームに影響された一人でしたね。それから高校卒業まで10年間サッカーを選手として行なっていて、当時は本当にサッカーのことばかり考えていて、もっと上手くなりたいとヨーロッパのサッカーリーグやW杯のゴール集ビデオを借りて見たりもしていました(笑)
    とは言っても、全国の舞台でプレーすることは遂になく、高校時代からサッカーへのモチベーションで周りとの乖離に苦しめられもしました。そのため、高校卒業を迎えるにあたってもサッカーへの未練というものは残っていたのですが、自身がプロとしてやっていく程のプレーヤーではないと諦めに近い感情を抱いていました。もはや自暴自棄で、なんだかやり切れない感情を覚え、将来への目標を見失い、漫然と過ごす日々の中、進路を検討していたところ、学校紹介の本でトレーナーという職業を初めて目にしたんです。「あっ、これだ!」と、それまでトレーナーなど出会ったこともないその存在に不思議なトキメキを感じました。モヤモヤしていた気持ちは一気に晴れ、今同様進み始めたら早く、まっしぐらにスポーツ界の道へと足を踏み入れることになりました。

  • 岩手県で、この業界に入るきっかけは?

    先ほど述べたようにスポーツへの未練を断ち切れない私は、親が自営業を営んでいたこともおそらく影響しているとは思うのですが、飽き性で同じルーティンで動くことを嫌うため、毎日決まった時間に会社に通うサラリーマンのスタイルは自分には不向きだと感じていました。とは言いつつも、岩手県に来てからはサラリーマン時代を経験しています(笑)。なんのコネも人脈もない中、家族を食べさせていくことに必死だったので、なりふり構わず働いていました。そんな折、一度離れたスポーツ界ですが、スポーツのワクワクはいつまでも頭の中に残っているんですよね。もうこうなると麻薬に近くて、一度想像すると、もう止められない。幸いにも「いわて国体」を機に、本当に多くの方から親身にお声がけをいただき、再びスポーツ現場で働くきっかけを得ることができたのも非常に大きな転機だと思っています。その前年の和歌山国体で、サラリーマンの私はチームに最後まで帯同できずに大会最中にもかかわらず途中で帰路につきました。これは、ものすごい屈辱というか自分の情けなさを最高に責めました。「こんなのトレーナーなんて言えない。」と自身の迷いを振り払うかのように、ピッチレベルでワクワクドキドキできるど真ん中として、トレーナーと言う職に魅力に取り憑かれ、その可能性にかけてみるべく決意し、2017年に独立しました。

  • 他のジムとの違いはありますか?

    一番の違いは私山門が、アスレティックトレーナーであるという点ですね。
    アスレティックトレーナー(以下AT)は社会的にも認知が発展途上ではありますが、今やスポーツ界では必要不可欠な存在となりつつあります。Jリーグ(サッカー)のチームには必ずATを帯同させることが義務付けられていますし、オリンピック選手の多くもATと専属契約を結んでいます。岩手県内でも幸いなことに各競技のトップチームはトレーナーとしてATと契約する流れが進んでいます。
    なぜなら、アスリートにとってケガは大敵で、シーズンを通してケガなくプレーし続けることは最も大切なことと言えます。ケガを予防するトレーニングやコンディショニング、ケガから復帰するリハビリテーション、さらには心技体が良いパフォーマンスを発揮する条件のため、様々な精神的なストレスに対する心のケアまで幅広い領域をATは担っています。
    激しいプレーが要求され、多種多様な選手が存在するスポーツ界でやってきたからこそ、これさえやれば良いという単純なものはなく、大切な方法論は一つではないということを痛感しています。最近の運動分野は細分化され、消費者をブームで動かす風潮が強くなっており、困惑する方が多いのですが、クレドではこれまでスポーツ界で培って来たこれらの経験を最大限活かし、トレーニング指導を行い、それだけでなく、疲れた体を最後までトレーナーが責任を持ちケアまで行なっていきます。このケアを行うことで血流が促進され疲労が軽減するばかりか、筋肉の柔軟性が改善されることで体が軽く、肩こりや腰痛の改善にも繋がります。そして何と言っても終わった時の開放感はたまらないとのお声をいただきますね。これらは専門的な知識や経験の積み重ねが必要な分野なので我々が得意としている部分でもあります。

  • これまでジムをオープンさせるまでは、どういうことを行なってきたのですか?

    私はこれまでトレーナーとして15年のキャリアを積んで来ましたが、時には大手スポーツクラブで会員の方を対象にパーソナルトレーニングをし、また時としてスポーツの専門学校で講師としてトレーナーの後進育成のため授業、スポーツ現場での学生指導などもしていました。さらには、高齢者の方々へのリハビリ指導、介護予防の運動教室なんていうこともやっていましたね。その頃は、おじいちゃんおばあちゃんから「あんたに会いにきてるんだよ!一週間分のパワーをもらって帰るからね!」なんてちょっとしたアイドルでしたよ(笑)だからこれまで指導対象で言えば、6歳から90歳くらいまで!
    もちろん同時に高校や大学の部活動で、スポーツ選手の指導も行なってきました。そのため、よく専門種目を聞かれるのですが、有難いことに陸上、バレー、ハンドボール、サッカー、野球、バスケットボール、ゴルフなどあらゆる種目をトレーナーとして担当させてもらってきたので、特に専門種目というものはありません。ただ観客として観るのだったら、やはり自身でやってきたサッカーは熱がより上がりますね!

トレーナー 山門へインタビュー

取材場所は、北上市の中心部、さくら野百貨店から徒歩3分圏にあるプライベートジムで、山門武志は笑顔で迎えてくれた。
「今日は取材の時間をいただき、ありがとうございます」との挨拶に、「いえ、こちらこそ。室内であればどこでも大丈夫です(笑)」の返し。言葉のチョイス、そして間合いの取り方が実に上手な人だ。
2年目を迎えたクレド、岩手県での日々、スポーツへの想い、そして目指すべき人生のスタイル。飾らない“自分の言葉”で発信さえる『山門武志の流儀』を、ご堪能あれ。

 

岩手での5年目、クレドを設立して2年目

―まずは、岩手での生活について。本州の最西端である山口県出身の方が、岩手県に移住され、文化や人付き合いなど困惑した面があると思いますが、5年目の今、振り返った時に印象的だったことはどんなことでしたか?

 

山門 岩手には、本当に親戚以外は誰一人知り合いがいませんでした。当然コネも全くないので、来たばっかりの頃は、スポーツとは無縁のサラリーマンをしていて、介護の仕事です。この話をすると、結構ビックリされますね。施設の中で80歳や90歳のおじいちゃん、おばあちゃんにリハビリや運動指導もやっていたので運動という分野では共通していましたが、やっぱりスポーツには関わりたかった自分がいて、将来を考えると、「このままじゃダメだ。でも何を、どうしたらいいんだろう。」と八方塞がりのような状況に苦しんでいました。漠然とした不安に押しつぶされそうになると、出口が見えないトンネルに足を突っ込んだようで、あたり一面真っ白でしんしんと雪が降り続ける中、寒くて手足の感覚を失いながらただただ歩き続けたこともありました。そんな時の顔はひどいので、家族の前では見せないようにするためにもね(笑)。

 

―そんなこともあったのですね。岩手県は奥さんの地元でしたね?

 

山門 よく覚えてくれていましたね(笑)。その前は仙台市にいたのですが、子供が生まれたのを機に岩手県に移住しました。移住した当初は金ヶ崎の実家に居候させてもらっていたので、よく「あぁ、マスオさんね!」とからかわれたものです(笑)。
実家は夏油にほど近く、それこそ豪雪地帯。しかも、古い家だったので、家の中でもとにかく寒い。室内でも吐く息が白いんですよね。寒すぎて人生で初めて踵(かかと)がぱっくり割れを起こしました。「えー!」と、自分でもびっくりしましたよ。

 

―山口県は雪が降らないと思うので、岩手の雪は大丈夫でしたか?

 

山門 雪かきはかなりの重労働。これは知らなかった。やってみて初めて「こんなに雪って重いんだ」ってね。実家の義父が朝の5時頃からトラクターで雪かきをしているのを見て、テレビでしか見なかった光景が実際に目の前にあって、つららなんて1m以上。最初は別世界過ぎて笑っちゃいました。それと、タイヤ交換なんて本当に大嫌いでしたよ。瀬戸内海育ちのため、タイヤ交換すら見たこともありませんでした。だから最初はヒーヒー言いながら2時間近くかけてスタッドレスタイヤに交換したのを覚えています(笑)。

 

―北上という街はいかがですか?

 

山門 人の繋がりがすごく強いので、そこに息苦しさを覚える方もいるみたいですが、私はむしろ逆で、そのお陰で色んな方を紹介してもらえたり、出会えたりできることが楽しみです。人と会うのが好きなタイプなので。それと生活する上で困ることは全くありませんし、自然豊かな環境は大好きです。黄金色の田園地帯を車で走るのは最高です。それと街中の飲屋街は凄いですよね。昔の方がすごかったと教えてもらいますが、今でも行っても、行っても新しい発見がある感じがチャレンジ精神すら覚えますよ。

 

―毎日飲みに出歩いてるんですか?

 

山門 いえいえ、そんなわけないじゃないですか。お付き合い程度ですよ。でも、そうやって人との繋がりが増えれば増えるほど、岩手への愛着もどんどん高まっています。

 

 

実は波乱万丈だったクレド設立

―では、クレドを設立して2年目、1年目をどう振り返りますか?

 

山門 とにかくがむしゃらでしたね。そもそも株式会社CREDOを設立したのが去年の2月24日なのですが、独立をしてから2ヶ月後のことでした。その1ヶ月後の3月24日にジムをオープンさせたので、もう電光石火の出来事。自分でもよくやったなと思いますよ(笑)。

 

―不安やネガティブな側面はなかったのですか?

 

山門 いや、ないわけないじゃないですか。不安を押し殺すためにアクションを起こしていたのかもしれません。何から何まで初めてのことばかりで、右も左も分からない。銀行で“棚版”と言われても「棚版って何ですか?」という始末です。周到に準備したわけではなく、知らないことばかりだったからこそ、「もう、やるしかない」という開き直りができたのかもしれません。

 

―スタート当初から見ていますが、順調な滑り出しのように見えましたが?

 

山門 平常心を保つのは得意な方かもしれませんね。アメリカに留学していた時に差別や孤独感で、散々ストレスに苦しめられていました。今だから笑って話せますが、その時はとてつもなく絶望的で、成人していたのに毎日部屋や外で一人泣いていましたよ。だからちょっとやそっとでは動じないし、弱音を吐かない耐性が身についたと思います。だけど実際は、順調と素直に言える状況ではなく、試行錯誤の繰り返し。一人でいっぱいいっぱいになったら、人知れず“男山”に行ったりしたこともありましたよ(笑)。プライベートジムという岩手で誰もやっていないことに挑戦したので、覚悟はしていましたが、同時に無理も沢山しました。

 

―それは意外ですね。休んでないですよね?

 

山門 休みは、なかなか取れなかったですね。それは反省点です。夜も自宅で仕事を遅くまでして。最初はそんなものだと、周りにそそのかされていたのかも知れません(笑)。でもそれって時には仕方がないことですが、脳をリフレッシュする上では、休まないのは非効率な面もありました。余裕がなくなるとよく筋トレをして、脳を強制的にリセットしたりしています。

 

―そういえば2017年は柳咲恵さんと槍ヶ岳登頂を目指すのでしたね。

 

山門 そこはもう逃げられそうにないですよね。Finetrackさんにもスポンサーをしていただいていますしね。そもそも僕が言い出しっぺなのですが、実は大の高所恐怖症。これもジムをやると決めたことと似ているのですが、言い出したら突き進むタイプなので、いつもの「やるっきゃない」と自分を奮い立たせています。登山初心者にもかかわらず、去年はなんだかんだで7回程度登山できましたしね。ここまで来たら、とにかくやりますよ!自分自身もトレーニングに励んでいます。

 

 

健康への想い、スポーツへの想い

―それでは話を変えて、以前岩手県が脳卒中死亡率で全国ワースト1という話をされていましたね。

 

山門 そうなんです。それでよくよく調べてみると、岩手県は、脳血管疾患は秋田県と常にワースト1を競っていて、心疾患における死亡率も全国的にみてもかなり高いことが分かりました。これってつまり血管系ですよね。

 

―血管系ですね。それは、何を意味していますか?

 

山門 ずばり“ストレス”です。肥満や血糖値なども、もちろん深く関係していますが、私の個人的な見解では、ストレスはかなりの確率で関係していると思っています。動脈硬化は、血管の柔軟性が失われる症状ですが、血圧をコントロールしているのは自律神経です。ストレスによって自律神経がダメージを受けて正常に働かなくなれば、結果として血管にも影響をきたすことになります。これは余談ですが、一番日本で死因となっている悪性新生物(がん)は、英国での医学専門誌において10種類のがんは、肥満(BMI)と密接な関係があったと結論づけていたりもします。

 

―がんと肥満の関係性ですか。私も最近食べ過ぎでこのままではやばいですね。
では、先ほどの血管の話で、岩手県民はストレスを溜め込みやすいと?

 

山門 それは、はっきりとは言えませんが、その可能性はあるんじゃないかなと。僕は高校生のチームをアスレティックトレーナーとして担当させてもらっていますが、選手数は全部で100人を超えます。

 

―え?100人ですか、それはスゴイ。かなり大変ですね。

 

山門 一番大変なのは、名前を覚えることくらいです(笑)。でも、過去に専門学校の講師をやっていた時に300名近くを同時に覚えなければいけなかったので、鍛えられましたが、毎年新年度になると未だに苦労します。

 

―では、話を先ほどのストレスに戻しましょう。

 

山門 すいません(笑)。高校生という年代特有のことでもあると思いますが、思いを溜め込みやすい印象は強いですね。思いやりが強い反面、言いたいことや想いを正面からぶつけられないため、苦しんで相談を受けることが多々あります。でも、「山門さん、相談があります」とは来ないわけです。

 

―自分からは言ってこないのですね?

 

山門 そうなんです。いわば察してください、というオーラが出てくるわけです。それでこちらからこっそりと話しかけると、想いが溢れ出して泣き出す子が続出します。泣き出すことは悪いわけではなく、そこで一旦気持ちの整理ができるので、それはそれで大切な時間だと認識しています。

 

―トレーナーってそんなこともやっているのですね。

 

山門 そうですよ。トレーニングだけ教えていればいいわけではないのは、ジムでのお客さんとの関係性も同じです。泣き出す方はいませんけどね(笑)。僕はこれまで15年間トレーナーをやってきて、大手スポーツクラブでパーソナルトレーナーもやりましたし、専門学校の講師や高齢者のリハビリ指導もやりました。これだけ幅広い年代の方と接してきた経験があるからこそ、今ではどんな方とも本音で話せる関係性を築けるようにはなってきましたね。

 

―ストレスと肥満にアプローチすれば血管に良い影響が出て、心疾患や脳血管疾患を防げると?

 

山門 お察しがいい。その通りです。もちろん全てとは言いませんが、本気でそう思っています。クレドを立ち上げた大義はそれしかありません。みんなが自然と体を動かしたくなる、そんなことをやりたいんですよね。そのためには体が動かすことが楽しくないと始まらない。つまりはエンターテインメント。プライベートジムはその第一歩です。

 

―なんだか構想が広がっていきますね。もうちょっと聞かせてください。

 

山門 “楽しい”っていう感覚は大切にしています。体を動かすことが好きな方って実は沢山いて、日常の忙しさからついつい後回しになりで、“きっかけ”待ちな人が多い。だからそのきっかけづくりの為にジムを創りましたし、これからはさらに環境づくりを本格的に始動したいと考えています。’20東京オリンピックもありますし、スポーツを文化に、そして日常の楽しみにする為に、プロスポーツチームが北上市にあったら面白いのにと思っていたりします。他にも雪でスポーツする環境がない選手が多いので、屋根があるグラウンドや人工芝や天然芝のグラウンドも造りたい。みんながその地元のチームを応援して、盛り上がって、スタジアムや試合会場周辺で食べたり、飲んだり、遊んだり。それらを通じて体を動かせば最高だと考えています。話が大きくなっちゃいますが、楽しみという点で言うと、ジムでは運動しに来なくていい、僕に会うのを、会話するのを楽しみに来てください、と言える、そんな人間を目指しています。

 

 

これから目指す人間像

―では、人をサポートする山門さんご自身はどんな人でありたいと思っているのですか?

 

山門 自分の子供が生まれた頃は、この子が幼稚園や小学校に入った時に運動会の保護者かけっこで、激しく転倒するような父親にならないことが目標の一つでしたね(笑)。いつまでも口先だけじゃなく、自ら率先して動ける人間でありたかった。以前選手から、「子供の運動会とか行きますか?」と聞かれて、「行くよ」と答えると「山門さんが走ったら、最強のお父さんじゃないですか!」と言われたのは率直に嬉しかったですね。その目標は、おそらくこれからよほどサボらなければ達成できそうです。

 

―達成できそうということであれば、おそらくその先もあるのですね?

 

山門 よくお分かりで(笑)。最近大人だけでなく、子供達も夢を描かなくなってきています。高校生に進路の話をした時に、「どこでもいいので就職できればいいです。」なんて答えが返ってくると本当にガッカリしてしまいます。だから口で言うのではなく、僕自身がいつまでも人生を思いっきり楽しんでやろうと、「いつもこいつ笑ってんな」そんな風に思われる人間を目指したいですね。それでもって人が無理だと考えることにこそ挑戦して、先入観という壁をぶっ壊したいなと思っています。

 

―相変わらずのチャレンジャーですね。それを突き動かすものは?

 

山門 何なのでしょうね。自分でも深く考えたことがありませんが、楽しいからだと思います。道中は多少苦しくても、トンネル抜ければ、最高にワクワクして楽しい瞬間があるって知っているから頑張れるのかなって。トレーナーやっていても楽しいですし、誰かと一緒に喜びを共有できるなんてもっと楽しいですよね。

 

 

インタビュー終了後、選手たちが待つスポーツ現場へ直行し、すぐに選手たちに囲まれ、話しかけられる山門武志を見て、その“愛される理由”を改めて実感した。
自身の怪我の状態を相談する選手に始まり、先日の試合でのプレーについて、たわいもない学校での出来事、さらには悩み事相談への予約。一人ひとりに丁寧に対応し、笑顔飛び交う光景を目の当たりにし、これこそザ・トレーナーだと見せつけられたようであった。
山門武志は、頼られるわけだ。

会社紹介

スポーツをエンターテインメントにする

CREDOは、スポーツや運動を人々の娯楽にし、それらを通じて社会を豊かにしていく、そんなお手伝いを行なっています

社名 株式会社CREDO
代表取締役 山門 武志
事業内容 プライベートジム運営/トレーナー派遣業/関連する物品販売/セミナー開催
創業 2016年2月24日
電話番号 0120-252-755
メール info@credo.iwate.jp


OFFICIAL PARTNER

公式パートナー

日本メディックス
スルガ銀行
スルガ銀行
HAREO
専修大学北上高等学校
卓球部
専修大学北上高等学校
女子サッカー部
一関修紅高等学校
男子バレーボール部